「キッズモデル募集に応募したいけど、どのキッズモデル募集に応募したらいいのか分からない」「キッズモデル募集になかなか受からない」そんな悩めるママを応援するサイトです。

キッズモデル撮影の現場の雰囲気って?スタッフさんとの接し方って?

      2016/01/10

croppedimage425229-Jan2014

実際に撮影に参加した際に気になるのが、スタッフさんへの接し方です。親の態度によってキッズにも好印象を持ってもらえるのか?次回以降も声が掛かるようないわゆるリピートになれるのか?など気になりますよね。実際に筆者が業界内で働いていた中で感じた私見ですが、まとめています。

撮影現場のスタッフさんって?

以下の方々が一般的に現場のスタッフとして参加されることが多いです。主に子供服ブランドの場合のことを記載しますが、雑誌のモデル撮影や店舗での撮影会などの場合も、概ね同じと考えて間違いありません。

ディレクター

director

現場の進行をする方です。一般的に社内に撮影ディレクター専門の役職があるわけではなく、ブランドの撮影であれば本社の営業さんやデザイナーさん。雑誌の場合は編集さんが兼務される場合がほとんどです。撮影のアイデア出しから場所の手配、当日用意する設備の準備などを含めて全般的に撮影の責任者として参加されます。当日までの連絡から撮影中まで、保護者と最も接する機会が多いスタッフさんです。

スタイリスト

style

当日のコーディネートや着こなしを整えてくれます。スタイリストさんがちょっと触っただけで、見違えたように服の着こなしが小慣れたものになるから不思議。専属でスタイリストがいない場合は、ディレクターさんが進行をしながら兼務したり、本社のデザイナーさんがスタイリストとして参加されることも多いようです。

カメラマン

camera

その名の通り、当日に一眼レフカメラやビデオカメラで撮影をするスタッフさんです。ブランドや雑誌社が外部業者から雇っている場合がほとんどですが、大きなブランドの場合はカメラマンが社内に常駐していることもあり、まれに本社の社員さんである場合もあります。手慣れているカメラマンさんは子供たちの自然な表情を引き出すのも上手く、撮影全体の雰囲気を左右することもあります。ブランドごとにお抱えの業者があることが多く、基本的には子供の扱いになれている場合が多いです。大きな規模の撮影であればカメアシと呼ばれる、アシスタントさんが数名いる場合もあります。

ヘアメイク

hairmake

髪の毛のセットとメイクを担当します。仕事柄、若い女性の場合が多いですが、男性の場合も勿論あります。子供たちを一番変身させてくれる存在で、メイクルームから出てきた我が子を見て感動する人も多いようです。小規模な撮影であればママがヘアメイクのお手伝いをお願いされることもあります。

その他

ブランド本社の社員さんが見学に来たり、スタジオのスタッフさんロケ地の責任者など撮影場所の関係者の方々。雑誌関連であれば編集さんなど、他にも様々なスタッフさんが立ち会うことがあります。大規模の撮影であれば、本社の社長さんが自ら様子を見に来ることもあります。

撮影現場でのスタッフさんへの理想的な態度って?

キッズモデルの撮影では、撮影現場に保護者が立ち会える場合と、完全に隔離される場合があります。後者の場合はスタッフさんとお話できる機会は撮影の前後のみとなりますが、前者の場合はスタッフさん、キッズモデル、保護者が同じ空間に長時間居合わせることになります。どう言った態度でいることが大事なのでしょうか?

挨拶はしっかり

キッズモデル撮影の場合は大人モデルの撮影と違って、スタッフさんはモデル本人との意思疎通が難しくなります。その際に保護者が常識を持った大人であることは最低条件
とは言っても、現場入りの時に「おはようございます」「よろしくお願いします」上がりの時には「お疲れ様でした」「ありがとうございました」と明るく言える。と言う程度の社会人として当然の挨拶をすると言うレベルの話です。固く考えすぎる必要はありませんが、しっかりと押さえておきたいポイントです。

なれなれしくしない

保護者が「スタッフさんと仲良くなれば次の撮影にも呼んでもらえるんじゃないか?」と考えてしまうのは無理もありませんが、いくら親の印象が良くてもキッズがモデルとしてのスキルが足りなければ、毎回呼ばれるようになることはまずありません。

適度にスタッフさんと仲良くなることは悪い事ではありませんが、あくまでもスタッフさんはお仕事中です。撮影中に忙しくしている中で何度も話し掛けたり、敬語を使わずに友達と話すような態度でなれなれしく接することは絶対にNGです。逆に「この保護者さんは撮影現場の空気を乱す」「仕事の邪魔をしてくる」と思われたら、どれだけキッズが頑張っていても、今後呼んでもらえることは難しくなります。愛想よく接しながらも、なれなれしくしすぎない適度な距離感でいることが大事です。

撮影の邪魔をしない

https://latte.la/column/10625171

https://latte.la/column/10625171

 

スマホカメラが発達し、手軽にキッズの写真を撮れるようになったことで、ついつい撮影現場の様子などをスマホで撮影したくなるもの。ただ、この点に関しては注意が必要です。ブランドによっては「撮影現場での写真撮影禁止」としているところもあり、そもそも撮影可能かどうかの確認が必要です。
その上で、進行の邪魔になることがあっては絶対にいけません。カメラマンさんが撮影している近くまで保護者が立ち入ってスマホで同時に撮影するなどは論外として、1カット終了後に記念撮影するのも考え物です。現場は着替え⇒ヘアメイク⇒カメラと、目まぐるしく進行しつづけるため、1カット終了後すぐに次のカットの準備に入ることも多いです。その中で、保護者がキッズモデルの足を止めて、スマホやデジカメで撮影することで迷惑が掛かる可能性も大いにあり得ます。
比較的、時間に余裕のある撮影の場合であれば問題はありませんが、あくまでもディレクターさんなどの現場スタッフに事前に撮影OKかどうかを確認した上で行うべきです。

その他(お土産は必要?名刺は必要?)

撮影現場に差し入れとしてお土産を持っていくかどうかを悩まれる方が多いようですが、こちらに関してはケースバイケースです。社会人として手土産を持っていくのが当然と思われる方も多いですが、大規模の撮影の際などになると、参加者が皆お土産を持って来ると、受け取ったスタッフさんの荷物となってしまい、持って帰るのが大変。と言う話も聞いたことがあります。
また、お土産を持っていくことで少しでも好印象を持ってもらえるのでは?と思う方も多いですが、お土産の有無でキッズモデル本人の評価が変わることはありません。「礼儀正しい保護者さんだな」と思ってはもらえますが、スタッフさんはお菓子が欲しくてモデル撮影を企画しているわけではありませんので、お土産をもらったから、次回の撮影にも呼びます。とはなりません。そんな打算ではなく、心ばかりの品としてお渡ししたい。と言う場合であれば、あまりかさ張らない手土産の方が喜ばれるかもしれませんね。

meishi

キッズモデル自身の名刺を作っている場合も多いかと思いますが、こちらもケースバイケースです。特にディレクターさんや本社のスタッフさんは、公募の場合は選考段階から深く関わっていることが多いため、名刺をもらわなくてもすでにキッズモデルの名前や顔を覚えていることがほとんどです。よほど忘れっぽい人でなければ、名刺をあとから見返すことは少ないでしょう。カメラマンさんやヘアメイクさんなどに渡すことで、別のお仕事の際に声を掛けてもらえる可能性も無くはありませんが、細い糸を辿るような低い確率の話になります。
現場で居合わせた他のキッズモデルや保護者さんに名前を覚えてもらうことで、今後のお付き合いがしやすくなると言う面はありますので、どちらかと言えばスタッフさんよりも他の参加者へのアプローチの一環として考える方が無難でしょう。

まとめ

特に初心者の場合は、初めての撮影現場でどんな態度でいればいいのかを悩んでしまいがちです。
ただ、あくまでも社会人として普通の態度を取っていれば決して悪い印象を与えることはありません。逆に張り切りすぎて空回りしてしまったと言う声を多く聞きますので、あまり身構えすぎず良識ある大人として参加すれば問題ありませんね。

kids100 【初心者向け】キッズモデル募集 2016 おすすめランキング☆

様々なブランドが行っているキッズモデル募集の、初心者オススメランキングです。キッズモデル初心者や、キッズモデル募集になかなか受からない人に… →続きはコチラ

kids100 キッズモデル募集 エントリー写真撮影のコツ<基本編>

キッズモデル募集で最も重要なエントリー写真のコツを掴んで合格をゲット! →続きはコチラ

kids100 JENNI(ジェニイ)モデル募集に合格するポイントと募集内容まとめ

全てのJSの憧れであるJENNIのキッズモデル募集。JENNIガールになって芸能界デビューを狙うキッズも多いですが、実際にはかなりの難関のようです…→続きはコチラ

kids100 業界最難関レベル!jette(イエッテ)モデル募集に合格するには、まずは合格歴を積んでから

全国で撮影が行われる人気キッズモデル募集のjette。この難関募集に合格するコツをこっそり伝授。→続きはコチラ

kids100 芸能人愛用の子供服ブランドが気になる!ママタレント・ママモデルに人気のブランドを徹底調査!

芸能人ママが愛用するキッズブランドを調査してみると、皆が知っているブランドだけではなく、意外なあのブランドが人気でした。→続きはコチラ

Naoko Omori
子供服業界で5年間勤務。三児の母で、現在は子育てをしながら副業でWEBライターとして勤務。 好きな食べ物、小倉トースト。趣味、ホットヨガ・セルフジェル。

 - 初心者向け ,