「キッズモデル募集に応募したいけど、どのキッズモデル募集に応募したらいいのか分からない」「キッズモデル募集になかなか受からない」そんな悩めるママを応援するサイトです。

我が子をモデルデビューさせたい!ベビーモデル合格のコツとは?【基本知識・応募のコツ・面接対策など】

      2016/05/24

autumn-275920_960_720
0か月から2歳ごろの短い期間しかチャレンジできないのが、ベビーモデル・赤ちゃんモデル。可愛い我が子をベビーモデルにしたいと考えているママ・パパも多いでしょう。でも、実際にベビーモデルになるにはどうしたらいいか解らない方も多いと思います。そこで、ベビーモデルになるにはどうすればいいのか、ベビーモデルについての基本的な知識や心構え、そして何よりも知っておきたい合格するコツをご紹介します。実際にベビーモデルのオーディションに参加したり、面接を経験したことのある方の声を聞いて情報をまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ベビーモデルを目指す前に

bebe-1237704_960_720
・ベビーモデルになるには?
ベビーモデルとは、おむつのパッケージやCMに出演するプロのモデルから、ベビー服ブランドのカタログモデルや雑誌に掲載される読者モデルなど形態は様々です。プロとして事務所に所属して仕事をするならきちんとギャラも発生します。後々子役やキッズモデルとして活躍したいと考えているなら、事務所に所属するのも一つの方法。本格的に活動する余裕はないけど、記念に、思い出づくりに…。まずは第一歩としてベビーモデルに挑戦してみたい場合は、一般募集を行っているオーディションに応募してみましょう。
・ベビーモデルは誰にでもチャンスがある??
顔立ちや体型などが重視されるキッズモデルとは違い、ベビーモデル・赤ちゃんモデルは比較的普通の子にもチャンスがあると言われています。ベビーモデルですから、ポーズの良さやファッションセンスなんてものはもちろん、求められません。求められているのは赤ちゃんらしさ。特別に目鼻立ちがはっきりしていなくたって大丈夫。大事なのはママ・パパがきちんと子育てしていて、ベビーの可愛い笑顔を引き出すことができるかどうか、という点です。事務所に所属するのではなく一般応募で行うのであれば無料ですし、キッズモデルに比べるとベビーモデルは気軽にチャレンジすることが出来ます。
・ベビーモデルの募集情報をチェックしよう
ベビーモデルの募集は色々な媒体で行われています。有名ブランド雑誌はもちろん、地元の地方紙子供情報雑誌WEB雑誌などでも募集が行われているので様々な情報をチェックしておくことが大切です。当HPでもベビーモデル募集をしているブランドや雑誌についての情報を掲載しているのでチェックしてみてくださいね。

(広告)



ベビーモデルに挑戦する心構えや準備

ベビーモデルはキッズモデルとは違い、子供自身がモデルや洋服に興味を持っていたり、「モデルになりたい」と言って始めるものではありません。そのため、ママやパパがしっかりサポートし、ベビーの負担にならないような活動を心掛けましょう。ベビーモデルになって撮影をするときは、ママ・パパ以外の人に抱っこされたり、離れることがあります。そういった状態でも泣かないこと、笑顔で居られることが大切です。人見知りをする時期だと大変ですが、大勢の大人が居る場所に慣れるように色々な場所に出かけたり、カメラで撮影されることに慣れておくことも大切です。

ベビーモデル応募用紙の書き方

fountain-pen-1053697_960_720
・丁寧に、誤字脱字が無いように書こう
ベビーモデルに挑戦する第一歩としてまずは応募用紙の書き方をご紹介します。応募するオーディションによって条件が違うので、応募条件はしっかり確認しましょう。基本的には名前や住所などの個人情報、ベビーの生年月日や身長体重、服のサイズや足のサイズなどを記載します。用紙の記載欄をしっかり埋め、空白が無いようにしましょう。誤字や脱字もNG。字が上手くなくても大丈夫ですが、きちんと丁寧に書きましょう。
・自己PRは最も重要!
「よく笑う」「あまり泣かない」といったモデルとしてメリットになる部分があれば、その点をしっかり書きます。もし人見知りをする子であっても、ネガティブな部分を書くのはNG。ベビーのいい部分を探したり、「寝返りが出来るようになった」「はいはい・ずりばいができるようになった」などベビーの成長について書いてもいいでしょう。長々とは書かず、ベビーのアピールポイントを簡潔かつ具体的なエピソードを交えて書きましょう。ブランドや雑誌のモデル募集の場合は、ママやパパがそのブランドや雑誌を好きだという気持ちを書くのもいいですね。

ベビーモデル応募写真のコツや撮り方

baby-1270023_960_720
・応募写真の撮影はスマホ?一眼レフ?
ほとんどのオーディションでは顔がよく見える上半身だけのバストアップ写真と、全身の写真の2パターンの提出が求められます。場合によっては3枚以上の写真を送っても良いオーディションもあります。最近ではスマートフォンでも高画質の写真が撮影できますし、WEBからの応募であれば大きめのサイズで撮影したスマホ写真でもOK。一眼レフなどの本格的なカメラならよりキレイに撮影できると思いますが、必ずしも必要という訳ではありません。
・撮影のコツや撮影場所
余計なものが写り込んだり、背景がごちゃごちゃしていないこと、暗くて解りづらい写真にならないことなどを気を付けて撮影しましょう。無地やシンプルな柄のカーテンや、何もない壁を背景にしたり日光が入る窓際などで撮影するのがオススメです。1歳以上のベビーなら、晴れた日に外で撮影するのもいいでしょう。遊んでいる時など自然な笑顔が引き出せるロケーションなら、よりステキな写真が撮影できますね。
・表情や服装は?
重要なのは表情やベビーの特徴や個性がしっかり解ること。すました表情よりも、赤ちゃんらしい元気な表情が好まれます。しかし、顔が”くしゃっ”となるほど笑っている写真は元の顔が解りづらいので要注意です。バストアップは元気な笑顔、全身写真はちょっぴりすました表情など違う表情の写真を送ることで、様々な表情が出来るという点をアピールするのも採用されやすくなるコツです。服装はベビー服ブランドのモデルオーディションの場合はそのブランドの服を着せてもいいでしょう。基本的にはあまり派手でないもの。厚着をすると体型が解りにくくなるので、比較的薄めの服装がオススメです。

ベビーモデルオーディション面接のポイント

・ママ・パパも審査されている?!
キッズモデルの場合は、キッズの元気さや礼儀の良さなども重視されるポイントですが、ベビーに礼儀作法は求められませんよね。ベビーモデルの場合は、保護者であるママ・パパの礼儀や印象の良さがかなり重要になってきます。派手すぎず上品でオシャレな服装や、清潔感のある印象、きちんとした礼儀などママ・パパがちゃんとしていれば、ベビーも良い印象で見られます。自分も審査されているという気持ちをもって面接に挑みましょう。
・気を付けるポイント、NG行動など
面接の際にベビーが泣いてしまうと、「撮影時も泣いてしまうのでは?」と思われるので、できるだけベビーの機嫌が良い状態を作ってあげることが重要です。面接時間から逆算して授乳ミルクをあげたり、お気に入りのおもちゃなどを持参するなどの工夫をしておきましょう。オーディションによっては、待合室などでの行動もスタッフにチェックされている場合があります。面接会場に入る前から、失礼な態度を取らないよう注意しましょう。
もちろん、遅刻などは絶対にNG。就活や受験面接などと同様に、事前に会場をチェック。ベビーと一緒なら時間がかかることも多いので出来るだけ早めに家を出るなど、準備はしっかりしておきましょう。

カメラテストでベビーモデルになるチャンスを掴む!

brothers-457237_960_720
・カメラテストとは?
大きなオーディションや事務所に所属するためのオーディションでは、面接と一緒に、カメラテストとして実際の撮影に近い形で写真を撮ることがあります。スタジオや面接会場となる本社などで行われます。また、ブランドショップや大型ショッピングセンターなどで行われる、カメラテストを兼ねた「撮影会」と呼ばれるオーディションなどもあります。
・カメラテストでの注意点やコツ
カメラテストでも面接と同様に、ベビーの機嫌が良い状態になるようにすること、保護者の礼儀などが重要なポイントになります。ほとんどの場合、カメラマンが写真スタジオのようにおもちゃや声掛けでベビーの笑顔を引き出してくれるので、あまり心配することはないでしょう。写真スタジオでの撮影をイメージしておくといいでしょう。ママやパパが不安に感じていると、それが伝わってベビーも不安になってしまうことがあります。緊張せず、楽しくカメラテストが出来るといいですね。

最後に・・・「何よりもベビーを尊重しましょう!」

kid-1241817_960_720
様々なポイントや採用されるコツをご紹介しましたが、モデルにさせたいという気持ちが強すぎて、ベビーに無理をさせてはいけません。ベビーモデルのママ・パパの中には、日焼けをさせないために外で遊ばせない、怪我をしないように過保護になってしまう、といった方も少なからず居るようです。応募のために写真を撮りたくても、ベビーが嫌がったり体調があまりよくないなら無理をさせず、機嫌がいいときだけにしましょう。場慣れさせるために色々な場所に行くのもいいですが、その場合もベビーの体調や機嫌を考慮して行いましょう。自分の意見がはっきりと言えないベビーに活動をさせるのですから、無理をさせないことは最も大切です。応募の際も、面接やテストの際も楽しいイベントに参加させるような気持ちで取り組むといいですね。
モデル事務所やタレント事務所にベビーを所属させたいと考えている場合も同じこと。ベビーの体調や状態をしっかり見てあげつつ、活動をしましょう。また、事務所に所属する際は様々な費用が掛かることがあるので、家計に負担がかからない程度に十分注意しておきましょう。
コツや心構えなどを参考にしつつ、ベビーに可愛い洋服を着せて写真を撮ったり、オーディションに応募することを家族みんなで楽しめるといいですね。

kids100 【初心者向け】キッズモデル募集 2016 おすすめランキング☆

様々なブランドが行っているキッズモデル募集の、初心者オススメランキングです。キッズモデル初心者や、キッズモデル募集になかなか受からない人に… →続きはコチラ

kids100 キッズモデル募集 エントリー写真撮影のコツ<基本編>

キッズモデル募集で最も重要なエントリー写真のコツを掴んで合格をゲット! →続きはコチラ

kids100 JENNI(ジェニイ)モデル募集に合格するポイントと募集内容まとめ

全てのJSの憧れであるJENNIのキッズモデル募集。JENNIガールになって芸能界デビューを狙うキッズも多いですが、実際にはかなりの難関のようです…→続きはコチラ

kids100 業界最難関レベル!jette(イエッテ)モデル募集に合格するには、まずは合格歴を積んでから

全国で撮影が行われる人気キッズモデル募集のjette。この難関募集に合格するコツをこっそり伝授。→続きはコチラ

kids100 芸能人愛用の子供服ブランドが気になる!ママタレント・ママモデルに人気のブランドを徹底調査!

芸能人ママが愛用するキッズブランドを調査してみると、皆が知っているブランドだけではなく、意外なあのブランドが人気でした。→続きはコチラ

Naoko Omori
子供服業界で5年間勤務。三児の母で、現在は子育てをしながら副業でWEBライターとして勤務。 好きな食べ物、小倉トースト。趣味、ホットヨガ・セルフジェル。

 - ベビーモデル募集ブランド情報, 初心者向け , , ,